岩石の切削でした。

名古屋大学の道林先生からの依頼はオマーンで掘削してきた岩石の円柱を縦に切削する業務でした。
研究スタッフがその切削面をいろんな形で見たそうです。

ですから地球物理をとおした歴史考察のお手伝いという事になるんでしょうか。

清水港へ材料を引き取り→切削→梱包→再び清水港へお届け、の繰り返し。

去年、今年と、結構な本数を切削しましたが、かなり果てしなかったです。

たまには先生が学生を連れて様子を見に来てくださいました。

弊社の切削の担当者はほぼ原田さん。お疲れ様でした。(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です