#688、#1218(新#623)採石場です。(^0_0^)

#688と#1218(新#623)の採石場です。この2石種は同じところで採掘されていました。

皆さんご存知かと思いますが、地元の政府担当者と採掘の業者との賄賂やずさんな申請書類が北京の政府から目を付けられ、全国放送で報道され、採掘がストップ。

ストップしたところを見てまいりました。

車両や機械は全く入っていませんでした。

近くの原石置き場も見て来ました。

#688はたくさん。

皆さんの話を最大公約数的にまとめると、

#1218は、この1~2年の間、墓石向けの良い材料が少なかったためあまり在庫している会社が無い。そのため早ければ春節前後にかなり品薄になると言われています。

#688の方はかなりたくさんの会社が在庫しており、2年程度、供給に不安は無いそうです。

とにもかくにも、福建省の石があまりあてにならなくなってきました。時代遅れにならないようにしましょう。(;゚Д゚)

採石場で働くおじさんがいました。(‘◇’)ゞ

滝根みかげ採石場です。暑い中、日常業務です。

この穴は新しい取り口。

この写真は採石作業場の大体の全景です。

ここはちょっと色の薄い手ごろな石の取り口。

採掘し、検品後の原石の置き場。果てしなく沢山の原石があるのですが、一番上のランクの石はなかなか無いときもあります。石は難しいですね。

国産銘石アドバイザー研修

来週、石産協の国産銘石アドバイザーとして、紀山石と滝根みかげの採石場の研修の企画があります。

石材店の皆さんと一緒に我々も勉強です。頑張ります。(^-^)

諏訪大社と諏訪湖

諏訪大社に行きました。

大変古く趣のある建物で落ち着いた気持になることができました。

雷電像。土俵もありました。

大変ご利益がありそうです。

諏訪湖。

ここが土用の丑の日の由来となった場所だそうです。

浜松がウナギで有名なのはここに関係あるかな。

お盆休みで気分転換になりました。(^-^)

義母の実家のルーツといわれるとろです。( ゚Д゚)

義母の実家のルーツではないかというところの神社にあてずっぽで行って参りました。

長野県上伊那郡辰野町樋口というところです。

賽銭箱の上に乗っていた芳名帳?には樋口の中谷さんの名前が沢山書いてありました。義母の実家は中谷です。ビンゴでした。来て良かった。

この有賀さん、きっと高藤の石職人さんだろう。

また祖霊社と、近所の神社も数社お参りしてまいりました。

沢山の中谷さんにお会いすることができました。

こういう旅も面白いですね。( ^^) _U~~

(有)越智久産業様 大島11 こちらの規模、クオリティはとびっきりです。(゚Д゚)ノ

 

大島11。大島17の下にある採石場です。

とにかく規模が他の大島石の採石場とまるで違いました。福島、茨城でもなかなかこの規模の採石場はありません。

しかも出されている石は最高級材クラスのものが多い。ただただびっくりしました。

正直、僕の業界の見識はまあまあ上位に近いほうだと思っておりましたが、それはただの思い上がりだという事を改めて思い知らされました。

日々是謙虚に勉強です。

越智会長、越智社長、ありがとうございました。

 

検品・買い付けの鬼がやってきた。

中国のL社さんの工場長、林さんが滝根みかげの原石を買い付けにいらっしゃいました。

初めてですので採石場の案内をした後、

検品、買い付けです。

この人は恐らく日本の墓石材の原石を一番経験している人です。こちらの会社は日本中の売れ筋の墓石材の製品を最も出荷しているところです。その中で一番生産コストに直結する業務を担当している人なので責任は重いです。きっと何百万㎥も原石の扱いを経験しているんでしょう。

それにしても石の検品と買い付ける石の判断ばかはえー。( ゚Д゚)

わざわざお越しくださり有難うございました。

 

 

緊張感。技能グランプリ

先日行われた技能グランプリ。

2日間にわたる競技。緊張と体力の持続が必要な、非常に過酷な大会。

23名の選手が出場。

「がんばっぺ 福島」今回も福島県の江持石での競技。負けられないプレッシャーの中での出場であったかと思います。

今回は2人で出場の静岡県勢。かなり練習を積んできていると聞いておりました。

表彰式 オリンピックさながらです。

結果、達成感を味わった人も悔いを残した人もいたとは思いますが、この大会に出場するだけですばらしいです。

僕は今回の大会を見ることができませんでした。写真は弊社の佐藤智幸からSNSで送られてきたものです。

しかし、写真からでも十分に緊張感は伝わってまいりました。ものすごいプレッシャーの中で競技を行った選手皆様には拍手を送りたいです。

技能グランプリ。良いですね。今度は見たいです。

技能グランプリ。もうすぐです。

月刊石材2月号の記事です。技能グランプリ。

3月1日~4日の4日間、神戸市中央区にある神戸国際展示場で行われるそうです。競技は2日と3日の2日間です。

今回も前回に引き続き福島県産の江持石なので、福島県勢に期待とプレッシャーがかかると思われます。

この写真は前回の写真です。石材加工の面白さと、この日のために頑張ってきた選手の競技と雰囲気。見ごたえがありますよ。

お時間の許す方はぜひ足を運んで選手の応援と、石材加工の技能をご堪能ください。

上位進出なるか?技能グランプリに向けて・・・・・

3月に行われる技能グランプリの練習。静岡からは2人エントリーしています。

石工技能士会の方たちが指導しています。

技術も道具もぬかりなく磨きます。

静岡から2人目のグランプリが出たら良いですね。

鈴木さん、堂々と戦ってきてください。応援しています。( `ー´)ノ

新年号の元年でお墓を建てたい?

新年初売りといくつかの新年会に参加したと思っていたらいつの間にか1月が終わってしまいました。

今日は中国の皆さんは花火をバンバン上げて春節のお祝いをしています。今年はここから本番。

最近聞いたお話ですが、新しい年号の「元年」を彫ってお墓を建てたいといった要望がパラパラあるとのこと。またその対応を売りにして石材店がお客さんに購買意欲を持たせようとしていると。

面白い話ですが、こういったお客さんばかりでは5月まで売れない????と思ってしまいます。

逆の話もありました。「平成」のうちに建てたいと。

いろんなお客さんがいたもんです。まさに価値観の多様化。

今年も対応が様々になりそうです。楽しんで今年も過ごしたいですね。(^_-)-☆