シミ、抜けましたよー。( `ー´)ノ

ケムアートA&B液を2度湿布したのですが、あまり効果が出ず、・・・・

まだシミが残りました。

もう少し効果の強い、焼き石膏をラッカーシンナーにといてしみたところにのせました。

半日ほど待ち、焼き石膏を片付けたところ、ほとんどわからない程度にシミが抜けました。

ちなみに中国の623の木枠や梱包の紐のシミは弊社ではだいたいケムアートを使って抜いています。

今回の石は滝根と黒竜江省の1704K-12でしたので素直に抜けましたが、福建省の614と632はシミやすく抜けにくい石ナンバー1、2でした。ダントツでしたね。

石材のシミ抜き、サビ抜きにもいろんなアイデアがあるもんです。(*^_^*)

皆さんもやってみてくださいねー。

天山<紺碧> 大島<西原超特級>

庵治の松栄石材(有)様の石置き場です。

写真の右側は天山<紺碧>、左側は天山<銀剛>です。

紺碧の方はアルファベット、他の石には天山石材とペンキが入っています。

弊社は原石に吹くペンキで付加価値を見出すようなことはやっていなかったです。参考になります。

天山石材の田中社長は大学の先生もやられているアカデミックな視点をお持ちの方で、色の濃さなどを数値化する機械を独自につくり、その機械の判別に沿ってランク付けしているそうです。<紺碧>の説得力の秘密はそこですね。

石、良いです。魚で言う大トロ、中トロですね。

6月8日、9日の庵治ストーンフェアでは、松栄さんのブースのなかで天山石材の田中社長が天山石のアピールをするそうです。気合がすごいですね。

意識して撮ってこなかった写真ですが工場での写真です。写真の左側の石は西原超特級です。めちゃ濃くて細かかった。

大変参考になりました。松原社長、ありがとうございました。

㈱大川石材様。高級材といえばこちらですね。( `ー´)ノ

㈱大川石材様を訪問してきました。

「日本一の職人を目指そう」いいなあ。

加工中の石材も展示の石塔も庵治細目がほとんど。

大変目の保養になります。

でもただ高級材を扱っているのではなく、光沢計などをたびたび使い、職人の目線だけでなく学問的な目線で消費者に分かりやすく品質を伝える努力もされています。努力、工夫をしていることを業界の皆さんに認められているから大川さんには良い仕事が来るんですね。なかなか真似できません。

たまに庵治じゃないと思ったら北木石。歴史ある日本材ですね。

ときどき中国製品の修理も頼まれるらしいです。敷居が決して高いわけではないんです。

でも庵治石ばかりやってる業者に中国製品の直しなんて頼めんなー。

今後もお世話になるかと思います。大川社長、ありがとうございました。(^^♪

 

(有)越智久産業様 大島11 こちらの規模、クオリティはとびっきりです。(゚Д゚)ノ

 

大島11。大島17の下にある採石場です。

とにかく規模が他の大島石の採石場とまるで違いました。福島、茨城でもなかなかこの規模の採石場はありません。

しかも出されている石は最高級材クラスのものが多い。ただただびっくりしました。

正直、僕の業界の見識はまあまあ上位に近いほうだと思っておりましたが、それはただの思い上がりだという事を改めて思い知らされました。

日々是謙虚に勉強です。

越智会長、越智社長、ありがとうございました。

 

(有)越智久産業様 大島17 安定感と材質、良いです。!(^^)!

大島石材さんのあと、(有)越智久産業様の採石場の見学。主な採石場が2つあるうちの一つ目、17です。

採石場のつくり、出されている原石の材質、ともにトップクラスです。

採掘されているタイミングでどうしても材質は微妙に違ってくることはありますが、まず間違いなく長生きする採石場です。

成形、検品された原石は濃い石でした。まちがいのない高級材です。

 

 

大島石材工業(株)様の採石場 「石善」です。

「石善」のブランドで有名な大島石材工業(株)様の採石場。取り口は結構広くとっていました。

取り口の手前の方で採掘していたのが「碧」。特約店の3社をとおしてもほとんど手に入らない石のところ。

こちらも数人の職人さんがバーナーで岩を切断して採掘する工法で採っていました。

奥の方が「青」「蒼」といった上級材など。

月平均では1000切程度、出荷できているところかと思います。

一応、来たってことで。

大島石のの採石場群のなかでは大きな規模の会社です。石材の金額も高価ですがまだまだ一定の需要があるという事ですね。

 

 

 

大島石 菅原石材様の採石場 濃いです。☺

菅原石材さんの採石場。大島石の中でも根強いファンの石材店さんがいる採石場です。

それほど取り口は大きなほうではありませんがよい形で採られているように見受けられます。

昔ながらの小割の材料もありながら、今の需要向けの乱尺もつくってあります。

磨いたら絶対濃く出そうです。

良い石と良い採石場を見させていただきました。ありがとうございます。

大島S カレイ 大栄石材 使いやすそうです。(^^♪

大栄石材さんの大島S。

壮大です。

大島石の採石場は主に宮窪、余所国、カレイの3地域あります。

カレイ地域の大島は無難な材質で銘石「大島石」の中では大きい原石もよく採れ、価格もやや手ごろなものが多いです。こちらの石もそのような特徴です。

少し採石場は深いですが、外柵材に使えそうな寸法の原石も結構出ています。

月平均して800切以上は出荷しているでしょう。

大変勉強になります。(^^)/

よさそう。大連#603( ゚Д゚)

先々週から先週にかけて福建省の工場などを確認して参りました。

サンプルでは見ていましたが、原石は初めてでした。

稲田とやさとみかげの間のような石目。

採掘はやはり遼寧省のようです。

この度、大口の取引先の工場が600㎥の原石を仕入れたと聞いたので有望と思い拝見しました。

数年前から湖北#603は見ていますが少なくとも福建省の工場に入っている湖北603よりはこちらの方が明らかに有望。

もう弊社のラインナップには入れました。

もう少し様子を見たら本格的に進めてみようかと考えております。